代表的な3種類のレーザー脱毛の比較と特徴


レーザー脱毛の種類と特徴について

主なレーザー脱毛にはアレキサンドライト、ダイオード、ヤグの3つがあります。その中でも、アレキサンドライトは多くの医療脱毛現場で利用されていますが、毛根にあるメラニン色素にのみ反応するレーザーを照射するのが特徴です。これは日本人の肌に適しており、やけどなどのリスクを最小限に抑える事ができます。

また、ダイオードはアレキサンドライトよりも深い毛へのアプローチが可能で、日本人の肌にも適したレーザー脱毛です。加えて、照射口が四角い形をしているので、照射した箇所を確認しながらできるため、同じ箇所に照射するリスクを抑えられます。そして、ヤグレーザーは3つのレーザー脱毛の中で最も長い波長が特徴です。これにより、皮膚の深い位置までの照射を可能としています。

それぞれのレーザー脱毛の比較とデメリット

それぞれのレーザー脱毛には効果的な毛質があります。まず、アレキサンドライトはメラニン色素に反応するレーザーを照射するため、メラニン色素を含まない産毛には効果がありません。さらに、メラニン色素が多く含まれている日焼けした肌に対しても使用できないというデメリットもあります。ですが、3つのレーザー脱毛の中で最もスタンダードな脱毛です。

アレキサンドライトとは異なり、ダイオードは産毛や日焼けした肌や産毛にも使用できますが、美肌効果は期待ができないというデメリットがあります。しかし、アレキサンドライトよりも使用できる肌や毛などが多いです。そして、ヤグは3つのレーザーの中で唯一剛毛の脱毛に効果があります。ですが、痛みも一番強くなっているのがデメリットです。

医療レーザー脱毛とは、エステサロンでの光レーザー脱毛とは異なり、毛を生やす組織を破壊することで確実に脱毛する方法です。