専門機関で脱毛できない?サービスを利用する前に知っておきたいこと


専門機関では光を利用することが多い

脱毛サロンやクリニックでは、光を利用して脱毛をすることが多いです。光を当てると、毛に含まれるメラニン色素が熱を発生させて、毛根の細胞を傷つけます。毛根の細胞が傷つくことで毛の成長が遅くなり、毛が生えにくくなるのです。特にクリニックではレーザー光線を利用します。レーザー光線は威力が高いので、毛根の細胞を完全に壊すことも可能です。

日焼けをするとサービスが受けられなくなる?

日焼けをすると、光を利用した脱毛ができなくなってしまいます。日焼けをしている時は、肌に含まれているメラニン色素の量が多い状態です。光を利用した脱毛は、毛の内部に含まれるメラニン色素に熱を発生させます。肌に含まれているメラニン色素の量が多いと、その分発生する熱の量も多くなりヤケドする危険が高いのです。専門機関での脱毛を考える時は、日焼けを避けるようにしましょう。

サービス前の自己処理に要注意!

光を利用した脱毛を行うサロンやクリニックでは、サービスを受ける前に毛を短くするように言われることが多いです。サービスを受ける前の自己処理は、カミソリか電気シェーバーで行うようにします。毛抜き、脱毛テープ、脱毛クリームなどで自己処理を行うと、肌が傷つき、サービスが受けられなくなる可能性が高いです。特にデリケートゾーンや背中など、自分の目では見えにくい部分は無理に自分で処理しようとせず、専門家に任せられるか聞いておきましょう。

脱毛当日はおとなしくしよう

脱毛する前は、できるだけ運動や飲酒は避けるようにします。血流が良くなると、脱毛した時に炎症や痛みが生じやすくなるからです。脱毛を行った後も、シャワーで済ますなど身体を温めすぎないように気を付けましょう。

医療脱毛を千葉で探すなら、駅近で予約が取りやすいサロンがおすすめです。価格と効果を比較検討しましょう。