脱毛の種類とそれぞれのメリットデメリットについて


脱毛の種類とニードル脱毛とワックス脱毛について

脱毛には、ニードル脱毛、ワックス脱毛、光脱毛、そしてレーザー脱毛があります。まず、ニードル脱毛は細い針を毛穴に刺し、そこから弱い電気もしくは周波数を流して、毛根を破壊する方法で、破壊された毛根からは二度と毛が生えてきません。また、基本的に毛穴1つ1つに針を刺して脱毛するため、部位によっては強い痛みが生じる場合があります。主にヒゲ、脇、Vラインなどに適しています。

次に、ワックス脱毛は主にエステでの脱毛や自己処理などの際に使用する方法です。専用のワックスを肌に塗り込むことで毛根から毛を抜くことができますが、毛根などを破壊するのではないので毛はまた生えてきます。ワックスを剥がす際に同時に数本の毛を抜くので痛みがあるのもデメリットの一つです。

光脱毛とレーザー脱毛について

光脱毛は黒色に反応する光線を照射することで毛乳頭を処理します。光脱毛で脱毛処理をする前にはまず冷却用のジェルを塗り肌へのダメージを抑えます。一度に複数の毛を処理できるため、脱毛の種類の中で最も早く脱毛が可能です。しかし、日焼けした肌や毛を剃った直後のデリケートな肌には使用できません。

最後に、レーザー脱毛は医療用の脱毛レーザーを毛根などに照射して毛根を破壊する方法です。レーザー脱毛にはアレキサンドライト、ダイオード、ヤグなどの種類があり、それぞれ効果的な肌や毛の濃さなどが異なります。光脱毛と比べると痛みが多少強いことがデメリットですが、脱毛の中では一番効果が高い方法です。なお、基本的に光脱毛とレーザー脱毛は医療行為となっているため、エステサロンなどでは施術できないので注意しましょう。

体の気になる部分のムダ毛を完全に取り除きたいなら、エステティックサロンで行っている全身脱毛を利用しましょう